むし歯でお悩みの方へ

痛みの少ない治療への取り組み

痛くない麻酔

当院では、麻酔液を注入する前に、表面麻酔を塗布しています。そして、塗布した箇所の感覚がマヒした状態で極細の麻酔針で麻酔液をゆっくり注入しておりますので、痛みはほとんど感じません。患者さんからはこんなに痛みを感じない歯医者さんは初めてですとお話しいただくこともよくあるんです。

麻酔を使わなくて済むようにも工夫しています。

治療は必要最小限の虫歯除去に留め、場合によっては薬剤(3mix・ドッグベストセメント)で治療を行う事もあります。麻酔を使用する機会を減らすことで、患者さんの負担軽減に努めています。

削る量は必要最小限に

当院では、むし歯の治療において必要な部分だけを削る、必要最小限の治療を心がけています。当院ではこうした治療を20年ほど前から行ってきましたが、日本の歯科医療でも近年、「MI」(ミニマル・インターベンション)として普及してきています。「MI」は上述の考え方を重視する治療のことを指し、2000年に国際歯科連盟でも提唱されました。

薬剤で治療することで、歯を削らずに治すことが出来ます

当院は必要最小限の除去を心がけつつ、削らずに薬剤で治療する「ドックベストセメント」や「3Mix」を導入しています。細菌の感染部位が非常に小さい場合は目で見えませんが、2つの方法によって補うことで、目に見えない細菌も除菌することができます。

必要最小限の除去に薬剤での治療を加えたものがMIの完成形であると当院では考えています。

痛みの少ない治療への取り組み

麻酔を使う機会が少ないため、痛みを伴うケースも減ります

上述のように必要最小限の除去に留め、また場合によっては削らずに薬剤で治療を行うこともあるため、そもそも当院では麻酔の注射を使うことが少ないと言えます。必然的に治療に痛みを伴うことも少なくなります。

治療について

  • むし歯が浅い場合の治療方法

    むし歯が浅い場合で患者さんのセルフケアの状況に問題がなければ、削らずに経過を観察するか、削ったとしてもごく少量に留めます。また、削りたくないご要望がある場合には、薬剤で除菌するドックベストセメントの使用も検討します。

  • むし歯が深い場合の治療方法

    むし歯が深い場合には、3Mixが有効です。半固形状の薬剤を患部に置いてふたをすることで薬剤が歯の内部で浸透し、細菌を除菌してくれます。

お気軽にお問い合わせください

歯の事でお悩みがございましたら、ナカムラデンタルクリニックまでお越しください・

  • 0120-570-542
  • 24時間WEB予約