歯を失ってしまった方へ

歯を失ってしまったらどうすればいい?

早期に人工歯で補いましょう

病気やぶつかった衝撃などで歯を失った場合、できるだけ早く人工歯で補うことをお勧めします。

歯を失った影響で全体的な歯並びが崩れていってしまいます

歯は時間をかけながら少しずつ動いていきます。もし下の歯を一本失ってしまえば、上の歯が向かいの歯を探そうとして伸びてきますし、支えをなくした両隣の歯も、抜け落ちた箇所に向かって倒れ込んできます。つまり、歯が1本失われると、それだけで全体的な歯並びが崩れていってしまうのです。

人工歯で補う方法としては、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つが挙げられますが、当院ではいずれの治療も行っています。患者さんのご要望を踏まえながら最適なものをご提案します。

インプラントについて

周囲の歯に負担をかけず、食べ物をしっかりと噛むことができます

インプラントとは、歯を失った部分のあごの骨にドリルで穴を空けてそこに人工歯根(インプラント体)を埋め込み、最後に人工歯を被せる治療方法です。あごの骨で人工歯を支えるため、しっかりと食べ物を噛むことができ、また入れ歯やブリッジとは違って周囲の歯に負担をかけることもありません。

当院におけるインプラント治療

信頼性が高く、広い症例に対応できるインプラントを採用

当院では、世界でもトップレベルの精密加工技術を誇るスイス製のSPIインプラントを採用しています。信頼性の高いこのインプラントは、抜歯と同時にインプラントを入れたり、通常2回必要である手術を1回で済ませたり、広い症例に対応できます。

各状況におけるインプラントのメリット

歯を1本失ってしまった場合

  • 従来の方法

    従来の方法

    失った歯の両隣の歯を削り、ブリッジという方法で固定します。

  • インプラント

    インプラント

    歯を失った箇所にだけインプラントを埋め込むため、他の健康な歯を傷つけません。

歯をたくさん失った場合

  • 従来の方法

    従来の方法

    健康な歯に金属のバネをかけて入れ歯を固定します。口腔内に違和感が起きやすく、また、バネをかけた歯にも負担がかかってしまいます。

  • インプラント

    従来の方法

    他の歯へ負担をかけることなくインプラントを埋入することができ、違和感もありません。

歯をすべて失ってしまった場合

  • 従来の方法

    従来の方法

    総入れ歯の場合は口腔内の粘膜だけで支えることになるため、ガタつきを起こしやすく、味覚も損なわやすくなります。

  • インプラント

    従来の方法

    あごの骨にインプラントがしっかりと固定されるので、安定します。

入れ歯について

入れ歯には現在、さまざまな種類があります。当院では患者さんに合わせて最適なものをご提案しています。

入れ歯の種類

  • コーヌス テレスコープ義歯

    バネがないため、維持力、咬む力が強く、審美性にも優れています。さらに、清掃がしやすいという特長を持っています。将来的に修理や改修が可能です。

    • コーヌス テレスコープ義歯
    • コーヌス テレスコープ義歯
    • コーヌス テレスコープ義歯
  • 磁性アタッチメント義歯

    支える力の少ない歯でも適応でます。また、楽に外すことができます。

    • 磁性アタッチメント義歯
    • 磁性アタッチメント義歯
    • 磁性アタッチメント義歯
  • アタッチメント義歯

    安定性と耐久性に優れ、サイズの微調整も可能です。バネの数も少なくて済みます。

  • 各種金属床義歯

    各種金属床義歯

    金属床義歯には、軽くて強度が高いチタン、熱伝導性が高くて食べ物の温度を感じやすい金合金、保険適用で安価であるものの強度が低いパラジウム合金があります。質が最も高くお勧めしているのはチタンです。

  • コンフォート加工

    コンフォート加工

    入れ歯が接する部分を生体用シリコーンという柔らかい素材で覆うことを「コンフォート加工」と言います。入れ歯特有の「痛い」「噛めない」「外れやすい」といった問題を軽減させることができます。
    生体用シリコーンは医療現場で一般的に使われているもので、人体への影響が極めて少ない素材です。アレルギーの心配もありません。
    総入れ歯と部分入れ歯のどちらにも加工が可能なので、今使っている入れ歯が合わないという方はぜひお試しください。

お気軽にお問い合わせください

歯の事でお悩みがございましたら、ナカムラデンタルクリニックまでお越しください・

  • 0120-570-542
  • 24時間WEB予約